s1BATA

株式会社柴田工業

公共事業

PUBLIC

公共事業イメージ笑顔の絶えない街に向かって。

PUBLIC

なぜ避難所の小学校に、
太陽光発電設備が無いの?

疑問から始まった「公共施設屋上太陽光発電」事業。
2011年3月11日、東日本大震災の映像を見ていた当社代表
の柴田薫の一言から始まりました。
現在では柴田工業の代名詞とも言える
「公共施設屋上太陽光発電」は、
多くの自治体や企業、パートナーと共に、
成長してきました。

柴田工業+事業パートナー+学校設備(自治体)

公共施設屋上太陽光発電事業

自治体、地域、事業者にうれしい、
独自のビジネススキーム。

独自のビジネススキーム

柴田工業の
強み

  • 自治体、地域、事業者にうれしい、独自のビジネススキーム。
  • メンテナンスまで含めた万全の体制。
  • 8自治体約500施設採択を受け、200校以上の施工実績。
  • 長年、耐震補強工事で培った信頼の技術力。

自治体や地域社会に、
大きなメリット

大きなメリット